【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバー購入でのトラブルを防ぐには?

多くの人が中古車の購入において、コストパフォーマンスを追及する傾向にあります。

そのため、新車だけでなく中古車も視野に入れて検討している人も増えており、中古車市場も盛り上がりをみせています。

たとえば新車は、車体そのものが新品のため故障リスクが低いうえに、手厚いメーカー保証が付与されることが特徴的です。その反面、どうしても安全を購入するという意味でも費用が高額になりやすいことがデメリットといえるでしょう。

一方で、中古車の場合は新車と比較しても費用が抑えられる点がメリットとして挙げられます。

とくに、年式や走行距離にも左右されますが、新車の半額以下の価格で購入できることも多いため人気があるのです。

しかし、中古車で気を付けなければならないのは、車体に潜んでいるリスクを見極めなければならないという点にあります。

  • 前オーナーが日常的にどのような使い方をしていたか
  • 事故や故障を起こして修理した跡がないか

などチェックするべき点を挙げればきりがないほどです。

もし、これらの点を確かめ忘れると納車後に故障やトラブルに発展する恐れもあります。

では、どのようにトラブルを防げばよいのでしょうか?

その一つに、信用のできるプロに任せるという選択肢があります。

とくに中古車という特性上、どうしても専門のスキルを有した人でなければトラブルの元やリスクを見抜くことが困難であります。

そのため、信用のおけるプロ、つまり多くの人が利用している販売店を利用するとスムーズに購入しやすくなります。

そこで、大手販売店である「ガリバー」がトラブルを防ぐために行っていることと、気をつけるべきポイントを紹介していきたいと思います。

販売する中古車を厳選

ガリバーでの購入トラブルは多い?

ガリバーの中古車で最も特徴的といえるのが、販売されている車両の状態です。

とくにガリバーの販売している中古車は、他社と比較しても状態の良いものが多いといわれています。

なぜなら、ガリバーが販売している中古車は、すべて独自の厳格な基準を満たしたものだけが販売車となるからです。

一般的に販売するための中古車は、自社で買い取ったものとオークション等で購入したものに分けられます。

自社で買い取った中古車の場合は、査定の際に徹底した検査が入ります。

とくに、前オーナーに対しては日常的なメンテナンスの有無や乗り方などまでヒアリングしています。

そのため、判断しにくい潜在的なリスクをあぶり出し、総合的な評価のもとに販売車へとまわしています

同様に、オークション等で買い付けた中古車でも信用のおけるものだけを購入し、販売車にしているため安心といえるのです。

【ガリバー中古車の評判】ネット上で購入の評判の悪い6つの理由

販売する前にも徹底的な検査

ガリバー購入でのトラブルを防ぐシステムとは?

ガリバーでは、プロの目利きで揃えた中古車を販売する前に点検と整備を徹底的に行います。

とくに、現状で走行に問題がない場合でも、将来的なリスクをはらんでいるパーツなども全て交換しています。

一般的な中古車販売店の場合は、店頭表示価格を重要視する傾向にあります。

つまり、いかに店頭に並べている中古車を安い価格にするかということを大事にしています。

これは、安い店頭価格で多くの集客を見込むためですが、そのために必要な整備などが行われていないケースが多いです。

そのため、商談の際に追加の整備代を請求されることもあり、結果的に高くなるということがあります。

そういった、ユーザーの心理的不安をなくすためにも、ガリバーでは販売する前に徹底的な整備と点検を行っています

内装にもこだわり

納車されるまでに分からないことの一つに、中古車の内装のコンディションが挙げられます。

とくに写真などでは細かなところまで把握しにくいため、現物を確認するとイメージと異なる場合もあります。

また、シートなどに染み付いているニオイなどが取れずに気になってしまうといったケースも起こりやすいです。

そこで、ガリバーでは内装においても徹底的なクリーニング作業を行っています

たとえば、他社ではみられないような部品を外しての作業なども行っているため、目につかない部分まで綺麗になっているなで納車後のギャップが少なくなっています

参考記事はこちら⇒ガリバーの中古車って評判は良い?品質に対する口コミを調査!

保証でトラブルを防ぐ

ガリバーの購入トラブルは?

ガリバーがトラブルを防ぐための方法として、長期保証を用意しています。

一般的に中古車というと、故障リスクが大きいために長期保証が付くことは滅多にありません。

おおよそ1カ月〜半年ほどの期間を、保証対象を絞った形で提供することが多いです。

そのため、よほどトラブルが多い中古車を購入してしまった場合を除いて、保証を使える機会は少ないです。

そのため、ガリバーでは中古車にも安心して長く乗ってもらえるように、

  • 国産車で最長10年間
  • 輸入車で最長5年間

の長期間を設定するだけでなく、保証対象のパーツも幅広く用意しています。

たとえば、重要部品であるエンジン周りのパーツから社外品のナビまでと、通常の保証ならば対象になりにくいものまで幅広くカバーしてあります。

また、オプションを選択することで通常の保証対象から、さらに範囲を広げるという選択肢も用意されているため、購入した中古車の状態や日常的な使い方からフレキシブルに判断して適用させることができる。

ガリバーで購入した時のトラブルをご紹介!この中古車は大丈夫?

条件には注意

ガリバーの購入トラブルを防ぐには?

長期保証は納車後のトラブルに備えて設定されているものですが、実は契約のときに見落としがちなポイントがいくつかあります

特に、以下の2点には気をつけましょう。

  • ガリバーの提携工場で車検を通さなければならない
  • 免責事項も確認する

その一つが、保証を適用させ続けるためにはガリバーの提携工場で車検を通さなければならないということです。

最長で10年間の長期保証となっているため、必ず車検を通す機会がやってくると思います。もし、その際に格安車検や知人に頼みたいという人も、ガリバーの提携工場で車検を通さなければなりません。

このとき提携工場以外で通した場合は、その時点で保険の適用から外れてしまうために注意が必要です。

また、免責事項もしっかりと契約の際に読む必要があります。

とくに約款などは難しく長いと思い、つい流し読みしてしまいがちですが、しっかりと読まないと後々にトラブルの原因となることがあります。

長期保証においては、免責金の存在を忘れることが多いです。

保証適用範囲内ならば、初年度は負担金もなく利用することができます。

しかし、2年目以降は免責事項にあるように、一定額の免責金を支払わなければなりません。

これらの点をしっかりと商談の際に抑えておくことが大切であり、疑問があったら残らず質問して解消するようにしておきましょう

関連記事はこちら⇒ガリバーはクレームにも対応をしてくれる?応対品質を評価

まとめ

ガリバーでの購入トラブルを防ぐには?

今回は、ガリバーにおいて安全に中古車を買える理由と、トラブルになりやすい点をチェックしてきました。

とくに、ガリバーではトラブルを事前に防ぐためのシステムが多く設定されているため、安心して中古車を購入することができるようになっていました。

販売している中古車のコンディションであったり、納車後のトラブルにも長期保証で対応していたりと手厚いユーザー目線のサービスが豊富です。

もちろん、商談の際に細かくチェックしておいた方が良いポイントもありましたが、基本的には疑問を解決するように積極的に質問する姿勢が大切です。

とくに、長期保証に関しては納車後に揉めてしまうこともあるため、しっかりと担当者に内容や条件などを確認しておくことも重要です。

ぜひ、みなさんも今回の情報を参考にして、ガリバーで安全な中古車を購入してみてはいかがでしょうか。

【ガリバーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。】

ガリバーの中古車は高い?その理由を徹底調査します!

ガリバーの中古車って評判は良い?品質に対する口コミを調査!

【ガリバーへの苦情を調査】取り組みから見えるメリットを紹介

ガリバーはクレームにも対応をしてくれる?応対品質を評価

【ガリバー最悪】の口コミは本当?ガリバーへの評判を調査して紹介

【ガリバーは購入高い】という口コミは本当?中古車の費用を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.