【ガリバーへの苦情を調査】取り組みから見えるメリットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバーへの苦情を調査

中古車の売買を考えている人は多いといわれており、年間では数多くの人が売買を行っています。

とくに、一般の人が中古車の売買を行おうと考えたとき、少しでも信頼のおける業者を利用したいと考えています

そこで真っ先に利用を考えるのが、ガリバーなど大手の中古車売買業者です。

そこには大手ならではの信頼感やサポート体制、販売店が全国展開されているために利用しやすいなど様々な理由があると思います。

しかし、インターネット上で評判や口コミを調べていくうちに、どうしてもクレームや苦情を見かける機会も増えてゆき、

本当に大丈夫なのか?

と不安になってきます。

また、ガリバーの中古車売買に対する姿勢や取り組みなど、そういったユーザーへのサポートなども売買するためには大事な要素となります。

そこで、ガリバーへの苦情はどのようなものが多いか?そして、ガリバーはユーザーへどういった取り組みを行っているのかを調査し、紹介していきたいと思います。

ガリバーへの苦情を調査

ガリバーの苦情を調査

インターネット上でガリバーの評判を調べると、高評価が半数を占めています

しかし、それと同様に悪い評価や苦情も投稿されています。

では、どのような苦情が多いのでしょうか?

調べてみたところ、

  • ガリバーの中古車そのものに対する苦情
  • スタッフへの苦情

の2つに大きく分けることができました

それぞれ、どのような苦情が投稿されているのか具体的にみて解説していきたいと思います。

ガリバー苦情相談窓口とは?本当に対応してくれる?

ガリバーの中古車への苦情

ガリバーの中古車への苦情

クレームや苦情のうち半数は、ガリバーが販売している中古車そのものへ向けられたものでした。

具体的には

  • 「他社と比べても高い」
  • 「品揃えが少なくて選べない」
  • 「汚れやキズをみつけた」

といったものです。

それぞれ、順番に解説していきます。

他社と比べても高い

まず、「他社と比べても高い」という苦情ですが、ほぼ間違いなくガリバーの中古車は市場価格よりも高く設定されていることが多いです。

こう言われると中古車はコストパフォーマンスが大事だから、安いのを探そうと思われるかもしれません。

しかし、本当の意味でコストパフォーマンスを追求するならば、中古車のトラブル・故障リスクを把握したうえで価格を設定した方が良いといえます。

たとえば、同じ年式と車種で60万円のAという中古車と80万円のBという中古車があったとします。

このとき、同じ年式と車種で見た目が変わらないなら、60万円のAを選ぶ人が多いと思います。

しかし、中古車の販売価格というものは、多くの工程や整備などが行われているほど価格に反映されやすいのです。

そのため、一般的には60万円と80万円で同じ中古車であったとしても、納車後のランニングコストまで考慮したときには後者の80万円するBという中古車の方がお得なことが多いのです。

では、どのような点で市場価格よりも高い、ガリバーの中古車はお得なのでしょうか?

参考記事はこちら⇒【ガリバーは購入高い】という口コミは本当?中古車の費用を調査

ガリバーでは徹底した整備が行われている

一般的に販売されている中古車にも整備は行われていますが、多くの場合ですぐに問題が出るような不具合でない限りは放置されることがあります。

そのような中古車を購入してしまった場合、納車後に重大なトラブルが発生して数十万円という単位で修理費用が必要となるというケースも存在します。

こういった中古車のトラブルは増えていますが、ガリバーはユーザー目線での中古車販売を心掛けています

そのため、販売している中古車の全てにおいて徹底した自社整備を行っています。

とくに、修復歴や目に見えない不具合があった場合はすべて修理したうえで、それらを明記して販売しています。

また、女性が気になる社内の使用感や臭いに関しても、徹底したクリーニング作業が行われています。

他社ではないような、シートなど外せるパーツをすべて取り除いたうえでクリーニング作業を行っているため、見えない部分まで綺麗にしてあります。

品揃えが少ない

ガリバーの中古車への苦情

このように徹底した整備やクリーニング作業を行っていますが、「品揃えが少ない」という苦情も寄せられています

もちろん、取り扱っている台数が多い方がよいと思います。しかし、ガリバーは前述したような徹底した取り組みを行っているために、必然的に販売できる台数が限られてくるのです。

つまり、台数は少ないけれど、すべて安心・安全な中古車のみが店頭に並べれているといえるのです。

キズや汚れを見つけた

ガリバーで中古車を探しているときや購入後に、新たなキズや汚れを見つけることがあるかもしれません。

そのような場合は、購入した店舗へと連絡をしていただくのが1番です。

納車前や納車後すぐの場合は、しっかりと無償で修理対応を行ってもらえます

そのため、実車が納品されたときには、しっかりと細部までスタッフ立会いの下で確認をすることが大切となってきます。

スタッフへの苦情

ガリバーのスタッフへの苦情を調査

ガリバーへ寄せられている苦情のなかで、もう半数を占めているのがスタッフへの苦情です。

とくに、ガリバーでは担当のスタッフが決められることになるため、相性が悪い場合はトラブルになることもあるかもしれません。

しかし、多くの場合でスタッフの対応が良いことも事実です。

なぜなら、ガリバーは東証一部上場企業としての責任があるため、社員教育もしっかりと行われているからです。

売買のどちらでも、担当のスタッフはいきなり中古車そのものの話をすることは少ないです。

まずは、ユーザーの状況や希望などをじっくりヒアリングすることで、最適な中古車を紹介を行うなど真摯に対応してくれます。

だまされた?ガリバーの中古車購入のトラブルを調べてみた

保証に関してトラブルが起きやすい

ガリバーは苦情が多い?

では、どのようなときにトラブルが起こるのでしょうか?

もっとも起こりやすいのは、保証などに関連したトラブルです。

中古車売却の際には「クレームガード保証」というものがあるのですが、それへの説明が不十分なままに加入させられていたとして苦情に発展するケースもあります。

このクレームガード保証は、中古車売却する際に損害賠償請求を行われないようにするための保証です。

しかし、実際には瑕疵担保責任が認められて損害賠償請求へと発展するケースは稀です。そのため、ユーザーは十分に説明を受けていないと保険料だけを納める形になるのでトラブルへ発展してしまうのです。

また、中古車購入の際には「あんしん保証」といった長期保証についても、説明不足でトラブルへ発展するケースがあります。

とくに、2年ごとにガリバーの認定工場で車検を通す必要があるなどといった事項を十分に聞いていないとして、トラブルになっています。

これらのトラブルをユーザー側から防ぐためには、契約の際に細部まで質問して疑問点を無くすということが大切になってきます。

参考記事はこちら⇒【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

まとめ

ガリバーは苦情が多い?

今回は、ガリバーへの苦情を調査し、ガリバーの取り組みについても紹介してきました。

とくに、中古車そのものとスタッフへの苦情に大別でき、その半数がユーザー側で防ぐ余地のあるものでした。

そのため、中古車の売買の際は細かな疑問点まですべて解消することが大切となってきます。また、スタッフ側に言いたいことがあるときはハッキリと質問してしまうことも大事です。それにより、希望が伝わりやすくスムーズに商談が運ぶケースもあります。

とくに中古車の売買というものは、動く金額が大きいために慎重に事を運ぶ必要があります

みなさんも、これを参考にしてガリバーで中古車の売買を検討してみてはいかがでしょうか。

【ガリバーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。】

ガリバーの中古車は高い?その理由を徹底調査します!

ガリバーの中古車って評判は良い?品質に対する口コミを調査!

ガリバーはクレームにも対応をしてくれる?応対品質を評価

【ガリバー最悪】の口コミは本当?ガリバーへの評判を調査して紹介

【ガリバーは購入高い】という口コミは本当?中古車の費用を調査

【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.