【ガリバー最悪】の口コミは本当?ガリバーへの評判を調査して紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガリバー最悪という口コミは本当?

中古車の売買というものは非常に煩雑な部分も多いです。

また、商品の特性上リスクも抱えているために、ユーザーと業者の双方にとって良い取引きというものは難しいといえます。

そこで、ユーザーは少しでも信頼のおける業者を利用するために、周囲の人やインターネット上の口コミを参考にしながら決めることが多くなっています。

しかし、インターネット上の口コミというものは玉石混交で、事実に基づくものなのかどうかなど疑問に思う点も多くあります。

とくに、良い口コミだけでなく悪い口コミが多く投稿されているため、ユーザーにとっては余計に判断を迷わせてしまうという結果になることも少なくはありません。

ガリバーに関する投稿で悪い口コミとして目立つものに

「最悪だった」

といった、ネガティブなものあります。

もちろん、購入と売却によって原因は変わるのですが、その多くでユーザー側にも原因があると思われるものも散見されます。

そこで、ガリバーへの口コミに関するもので「最悪」といった投稿が目立つものを中心に、どのようなポイントに気を付ければよいのかも併せて紹介します。

そもそも悪い口コミは多い?

ガリバーの口コミは悪い?

ガリバーの中古車売買に関する口コミでも、ネガティブなものとそうでないものの両方があります。

しかし、どうしても悪い口コミというのは良い口コミよりも多く投稿される傾向にあり、結果的に目立ってしまいます。

つまり、

「ガリバーに関する口コミでも、悪い口コミが多いとはいえない」

と結論付けることができます。

やはり、良いサービスを受けたときや満足した取引の際には、インターネット上にまで口コミを投稿するというのはレアケースです。

そのため、どうしても悪い口コミが多いように感じられてしまいますが、実際には投稿されているほどネガティブなものが過半数を占めているということはありません。

では、具体的にどのような点において苦情が投稿されやすいのか、確認していきたいと思います。

売却時の苦情

ガリバー最悪という口コミを調査

中古車を売却しようと考えたときに、多くの人は購入のとき以上に慎重になってしまいます。

とくに、愛車への思い入れであったり、次の車を購入するための資金としなければならないなど、複雑な心境に陥りやすいからです。

そのため、どうしても些細なことが気にかかり、苦情へと発展してしまうケースも珍しくありません。

そのような要因の一つに「査定金額に満足がいかない」というものがあります。

手放す愛車に強い思い入れがあったり、次の購入資金にしようとしている人ほど査定金額は高く提示してほしいと思います。

とくに、ガリバーは比較的に高い査定金額を提示することが多いという評判もあるために、事前の期待値が高い場合もあります。

ただし、査定金額を高く提示してもらうには、ユーザー側の努力も大切ということを改めて認識することも大切です。

関連記事はこちら⇒【ガリバーへの苦情を調査】取り組みから見えるメリットを紹介

プラス査定の要因

ガリバーの口コミは?

査定において高い金額を提示してもらいたい際に大切となってくるのが、いかにプラス査定となる要因をユーザー側から提示できるということです。

売却する車には自信があると思っていても、具体的な行動や準備がなければ伝わりません。

ガリバーでは、ユーザー目線での中古車売買を心がけているため、査定においても「いいとこ探しの査定」というものに力をいれています。

これは、売却する車を単に

  • 年式
  • 走行距離

などから評価するのではなく、積極的にプラス査定になるものを探し出そうというものです。

とくに、ガリバーでは商談の際にマンツーマンで対応しており、売却の背景や車に対する思い、日常的なメンテナンスなどに関して徹底的にヒアリングするようにしています。

そのため、一般的な査定比べてもプラス査定となりやすいために、評価額が高くなりやすいといわれています。

この際に、しっかりと愛車に対する思いやメンテナンスについて述べることができなければ、プラス査定にはなりません。

そのため、ユーザーとしては商談でヒアリングされた際にはプラスとるようなセールスポイントを見つけ出し、アピールする必要があります。

ガリバーの中古車査定は評判悪い?プロから見たメリット・デメリット

準備も大切

ガリバーは悪い口コミが多い?

商談の際には、セールスポイントをしっかりと紹介することが大切となってきます。

しかし、それだけではプラス査定に関しては完璧といえません。

実は、ガリバーではプラス査定となるポイントを公式ホームページ上で公開しています。

とくに、査定の際に持参してほしいものとして「取扱説明書やメンテナンンスの履歴がわかるもの、純正パーツ」などが挙げられています。

これらを査定の際に準備していると、プラス査定となると紹介してあります。

逆に、これらがなかった場合はマイナスとなることもあるということです、

たとえば、取扱説明書は車のダッシュボードに入れているという人も多いと思いますが、メンテナンスの履歴書はどうでしょうか。

もちろん、車に置いてある場合もありますが、なかには自宅に置きっぱなしとなっていたり、そもそもどこにあるか分からないという人もいるのではないでしょうか。

また、純正パーツについては、愛車に社外品部品を取り付けているユーザーに関して必要とされるものです。

つまり、社外品のパーツを多くつけていても、市場価値としてはノーマル仕様に近い方が高いために純正パーツが必要となってきます。

もし、パーツを保管しているという場合は、査定の際に持参したり保管してある旨を伝えるなどすることで、プラス査定となりやすいです。

これらの準備も怠らないように気を付けましょう。

購入時の苦情

ガリバーの購入時の口コミは?

ガリバーで中古車を購入する際の苦情として多いものに「長期保証」が挙げられます。

とくに、長期保証の期間や条件についてトラブルになりやすく、いくつか注意するべきポイントを紹介していきます。

ガリバーにはクレームの口コミが多い?クレームと実情を解説

長期保証の概要

ガリバーは中古車としては異例の、最長10年間にも及ぶ長期保証を用意しています。

とくに、潜んでいるリスクを測定するのが難しいため、一般的には1ヶ月や半年といった期間が設定されています。

しかし、中古車であっても長期的に乗って欲しいとの思いから長期間を設定するだけでなく、保証の範囲も広くなっています。

とくに、保証の範囲としては、重要機構であるエンジン周りから社外品のナビまでと、本当に幅広く対応しているため利便性が高いといえます。

注意するべき条件

一見すると何の問題もないように感じますが、いくつか気をつけるべきポイントがあります。

まず、最長10年間と設定されている保証ですが、輸入車の場合は最長5年間となります。

また、これらの期間設定は車種や年式、走行距離などに左右されるために一律として10年や5年の保証が付与されるわけではないので注意しておきましょう。

さらに気をつけるべきポイントとして、適用条件があります。

長期保証を適用させ続けるためには、ガリバーの提携工場で車検を通すことが必要です。

つまり、格安車検や知人に頼んでしまうと、その時点で長期保証は適用されなくなります。

また、初年度は保証内の修理では自己負担はありませんが、2年目以降は免責金として自己負担が発生してしまうことにも留意が必要です。

しかし、これらの条件を事前に確認しておけば頼もしい保証といえるので、商談の際にしっかりと疑問点は解消しておくことが大切です。

参考記事はこちら⇒【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

まとめ

今回は、ガリバーに寄せられる口コミで最悪と言われることもあるものを紹介してきました。

購入と売却ではトラブルになりやすいポイントが異なるので、そこにも気をつける必要があります。

しかし、どちらの場合であってもユーザー側で確認をすることが大切となってきます。

つまり、言われるがままではなく、しっかりと疑問を解消し納得して利用することが大事です。

ぜひ、今回のポイントを押さえた上で、ガリバーを利用してみてはいかがでしょうか。

【ガリバーについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。】

ガリバーの中古車は高い?その理由を徹底調査します!

ガリバーの中古車って評判は良い?品質に対する口コミを調査!

【ガリバーへの苦情を調査】取り組みから見えるメリットを紹介

ガリバーはクレームにも対応をしてくれる?応対品質を評価

【ガリバーは購入高い】という口コミは本当?中古車の費用を調査

【ガリバーの購入】トラブルを防ぐシステムで安全に買おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.