中古車によくあるトラブルとは?気を付けるべきポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車によくあるトラブルって?

中古車を購入したとき、起こりがちなトラブルを紹介します。

中古車取引において、

  • 「エンジンが付かなかった」
  • 「すぐに修理が必要になった」

などのトラブルは実際に起きています。

「このお店の担当者は信頼できる」

と安易に考えてしまうことで起こってしまうようなトラブルも少なくありません。

今回は中古車を購入するときによくあるトラブルの代表的な事例とその対処法を合わせて紹介していきます。

中古車購入で後悔しないために、知っておくべきことを解説します。

車は金額が大きい買い物なだけに、トラブルはできるだけ避けたいですよね。

購入前にトラブルを知り、事前に回避できるようにしておきましょう。

中古車によくあるトラブルって?

中古車によくあるトラブルを解説

中古車を購入する際によくあるトラブルを紹介します。

中古車購入でよくあるトラブルは大きく分けて二つあります。

それは、

  • 「契約にまつわるトラブル」
  • 「納車後のトラブル」

です。

では、順番に見ていきましょう。

契約にまつわるトラブルとは?

中古車を購入する際、契約に関するトラブルが多いです。

というのも、

購入を決めていたけど家に帰ってよく考えてみるとやはりその車は買いたくなくなった

などの購入者側の都合も多くあります。

契約後はキャンセルできなかったり、キャンセル料を取られたりしてしまうことからトラブルになってしまうようです。

対処法としては、契約書に目を通した後すぐに捺印せずいったん家に持ち帰りましょう。

家でじっくり時間をかけて契約書を読み、納得してから捺印しましょう。

わからないことがあれば販売店にすぐに聞くようにしましょう。

他には、契約時に書面以外で「タイヤ交換しておきます」などと口約束し、それが守られていなかったというトラブルも非常に多いです。

こういったトラブルは、なかなか立証するのが難しいので車に関するものはすべて書面で管理してもらうようにしましょう。

納車後のトラブルって?

納車後すぐに修理が必要になった

納車後のトラブルの中で一番多いのが、「納車後すぐに修理が必要になった」というトラブルです。

エンジンがいきなりかからなくなったり、エアコンが効かなくなったりなどのトラブルが多いです。

実際、私の友人もエンジンがかからなくなり、結果的に購入費用より修理費用が高くなってしまいました。

こういったトラブルは、中古車を現状渡しで受け取った場合に多いです。

現状渡しとは、展示されている車を点検なしでそのまま受け取る方法です。

通常の金額よりかなり安く買えるので、利用している方も多いそうですが見た目では判断できない故障がある可能性があります。

実際に初めて車に乗ってから故障していたことが分かったというトラブルがかなり多いです。

そういったトラブルにならないためにも、中古車を購入するときは保証付きのものを選ぶようにしましょう。

また、金額の都合がつかず保証がついていない車を購入する場合でも「整備渡し」の車を購入するだけでトラブルは少なくなります。

どうしても保証付きの車を購入できない場合は、なるべく「整備渡し」の車を選ぶようにしましょう。

車がなかなか届かない

他にも、中古車購入後納車に二カ月かかるといわれて待っていたけど、二カ月たってもまだ届かないというトラブルもあります。

さらに、届いても故障していて修理に出したら、いくら待っても問い合わせをしても車が返ってこないというトラブルもあるようです。

こういった購入後の車が手元に来ないというトラブルは、「自分にはあるわけない」と考えがちですがかなり多いトラブルになっています。

修理の際に連絡しても、「今直している最中」と言われるとこちらからは何も言えなくなってしまいますよね。

結果的に自分の車が今どんな状況になっているのかもわからず、いつまでたっても手元に車がない状態になってしまいます。

こういったトラブルの多くは、素行の悪い販売店で車を購入してしまったことが問題です。

納車にかかる期限を過ぎていたり、修理に出した車がなかなか帰ってこないということは本来あってはならないことです。

購入前に、販売店の口コミをチェックしたり、契約書を書く際にコミュニケーションをよくとったりしてどんな販売店なのかを探っておきましょう。

トラブルを避けるためにはどうすればいい?

以上のようなトラブルが起きないようにするために、対処法を説明します。

契約に関するトラブルは先ほども紹介したように、すぐ捺印せずによく考えて行動することが大切です。

販売員さんと話していると、商品がとてもよく感じてくることがありますが、大きな金額の買い物ですので、自分の意志で購入できるようにじっくり考える時間を作りましょう。

納車後のトラブルの対処法を説明します。

自分の目で車を見て購入する

一番は、実際に自分の目で車を見て購入することです。

車を見て、実際に乗ってみたり可能であればエンジンを付けるなどしてできる限り修理が必要にならないようにチェックしておきましょう。

また、合わせて保証サービスがついているのかどうかも聞いておいてください。

保証サービスがついていない車は絶対に買わないようにしましょう。

購入後、どこで修理するのか決めておくのもおすすめです。

というのも、購入したお店で修理を頼むと車の悪いところに気づけない可能性があります。

別のお店で見てもらうことで新たに悪い場所を見つけることもできますので、念のため修理を頼めるお店を見つけておくといいですね。

故障トラブルを大きくしないために、やはり購入するときは「信頼できる店舗」で購入することを心がけてください。

中古車を購入する際は故障すること前提で購入するようにし、保証サービスの充実やスタッフの対応などを見て信頼できる店舗かどうか確認してください。

手厚い保証やサービスが充実している販売店であれば、その分トラブルもかなり少ないといえます。

購入する前に、販売店ではどのようなサービスがあるのか、保証サービスはどんなものかについてチェックしておいてください。

車が手元になかなか届かない場合は、国民生活センターに連絡しましょう

国民生活センターは、販売者と購入者の間に立って処理してくれるのでもしかすると購入金額を全額返金してくれる可能性があります。

車が手元にないのに保険料金だけ支払っているのはむなしいですよね。

連絡しても車が手元に来ない場合は泣き寝入りせずに、国民生活センターに相談してみることをおすすめします。

こちらの関連記事もおすすめ

購入トラブルは少ない?ガリバーの中古車販売を解説

まとめ

中古車購入でよくあるトラブルは?

今回は中古車を購入するとき、どんなトラブルがあるのかについて調べてみました。

中古車の購入にはさまざまなトラブルがつきものということがわかりますね。

当事者だけで問題が解決しない場合は、紹介した国民生活センターや弁護士などを頼ってみてください。

また、法律には時効があり、5年以内に解決しなくてはいけません。

業者の不正が発覚して半年以内に申告しなくてはいけなくなっていますので、車が2か月以上届かない、おかしいと異変を感じたらすぐに第三者に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加