中古車を買う際に気を付けるべきポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車を買う際に気を付けるべきポイントは?

中古車を初めて購入するとき、いったいどういった点に注意しながら選べばいいのでしょうか?

新車と違い、誰かがすでに乗っていた車を買うのですから、それなりにリスクは高いです。

今回は中古車を購入する際、気を付けるべきポイントを紹介していきます。

中古車を買う時、今回紹介するポイントを中心に選ぶようにすれば、ある程度トラブルは避けることができます。

中古車購入の失敗を避けるためにも、購入前には中古車をしっかり確認しましょう!

中古車を買う際に気を付ける5つのポイント

中古車を買う際に気を付けたいことはたくさんあり、さまざまな情報が出回っています。

この記事内では、絶対に気を付けておきたいことに絞って紹介させていただきます。

気を付けてほしいポイントは5つあります。

  1. 買いたい車の相場を調べておく
  2. メンテナンスはされているか確認する
  3. 走行距離と年式のバランスを確認する
  4. 事故車や水没車は買わないほうがいい
  5. 保証内容の説明を聞いておく

くわしく解説していきます。

買いたい車の相場を調べておく

中古車を購入しようと考えた時、一番にしてほしいのが相場の確認です。

車の相場というのは、「ボディーのカラー」「グレード」「装備」「走行距離」などで決まります。

相場を知っておくことで中古車販売専門店に行った時、相場より高い価格で購入させられることがなくなります。

車の相場を知るためには、

  1. カーセンサーなどの雑誌を見る
  2. 「車種 相場」で検索する
  3. ヤフオクサイトで相場を見る

という方法があります。

買いたい車の相場をこれらの方法で確認しましょう。

関連記事はこちら

ガリバー中古車の評判はどうなの?【売買】を解説

メンテナンスはされているか確認する

どんなに走行距離が短く、ほとんど乗っていないような車でもメンテナンスがされていない車両を選んでしまうのはよくありません。

乗っていない間の保存環境が最悪だった場合、購入後のメンテナンスにかなりの費用が掛かってしまいます。

また、車は走らせていない間も部品がどんどん劣化していきます。

定期的に修理や点検がされているのか確認しましょう。

以前のオーナーがどのような頻度、環境で乗っていたのか販売店に尋ねると教えてくれます。

また、中古車販売専門店に展示されている車が洗車されているのか見るだけでも、そのお店の車両に対する対応がわかります。

水垢がついていたり、洗車されていなさそうな車両が並んでいるお店の場合は定期的に点検をしていない可能性が高いです。

走行距離と年式のバランスを確認する

中古車を購入するとき、走行距離を確認して買うことをおすすめします。

走行距離が短い車は何となくいい条件のような気がしてしまいますが、実は短すぎるのも要注意です。

車がないと移動できないような場所にあった車とめったに車に乗ることがないような場所にあった車とでは、車の使用頻度が違ってきます。

車がほとんど保存されたままで乗られていない状態のことを過少走行車といいます。

過少走行車の車は中古車としてあまりよくないといわれています。

ずっと乗っていなかった場合、保存環境が悪かったり、メンテナンスが行き届いていない場合もあります。

また、メーター改ざんの可能性も考えられます

そこで確認してほしいのが、走行距離と年式です。

基本的に車は1年で1万km走るのが一般的だといわれており、10万km走っている車であれば、新車購入から10年経過しているということがわかります。

年式が新しくて7年乗っていて3万kmしか走っていない車より、年式が古くても5年で5万km乗っている車のほうがいい状態の車といえます。

走行距離と年式の関係があまりにもアンバランスだった場合は、その車を選ばないようにしましょう。

事故車や水没車は買わないほうがいい

基本的に事故車や水没車を購入することはおすすめできません。

すべての車がすべて故障しやすいというわけではないのですが、せっかく購入するのであればそういったトラブルや故障のリスクを避けたほうがいいと思うからです。

事故車や水没車というのは、何かしらのダメージを受けている車です。

修理したとしても、潜在的なダメージを受けている場合もあるため完全に心配なく乗ることができるということはありません。

事故歴や水没したことがある車は、通常の車より寿命が短いともいわれていますので、やはり事故車や水没車は避けたほうがいいです。

事故車や水没車は、相場の金額よりかなり低価格で販売されていることが多いです。

異常に安い車を見かけた時は絶対に購入しないようにしましょう。

保証内容の説明を聞いておく

大手中古車販売店では、さまざまな保障内容があります。

例えば、ガリバーであれば「あんしん保証」というサービスを受けることができます。

その内容は、エンジンやブレーキ、ミッションであれば走行距離無期限で保証してくれます。

中古車はいつ、どんなときにトラブルを起こしてしまうか想定できません。

そのため、こういった保証サービスには必ず加入しておく必要があります。

購入前に、保証内容や期限について確認してください。

中には保証サービスなしで購入し、乗り始めてすぐにエンジンが動かなくなってしまったという事例があります。

保証サービスがない場合、車購入価格より修理費用が高くなってしまう場合もあります。

せっかく安く購入したのにこれでは意味がありませんよね。

こういったトラブルは、納車前にしっかり走行テストを行い、点検・修理を行ってもらうようにしたり、保証サービスの内容をしっかり確認しておくことである程度防ぐことができます。

なので、まず購入前は保証内容はしっかり確認してください。

こちらの関連記事もおすすめ

購入トラブルは少ない?ガリバーの中古車販売を解説

試乗するときチェックしたいことは?

中古車購入で気を付けるべきポイントを解説

中古車を買う前に、できるのであれば試乗させてもらいましょう。

多くの中古車販売店では、試乗できない場合がほとんどです。

自賠責保険や車検などをかけなくてはいけないため、実際に試乗できる車は少ないでしょう。

最悪試乗できなくても、実際に運転席に乗ってみてください。

車両に触れて、自分の耳や鼻で違和感がないか確認しましょう。

試乗または車に座った時、チェックしたいポイントを紹介します。

  1. ドアはスムーズに動く?
  2. エンジンの調子は?
  3. 車内のにおいや汚れは?
  4. エアコンやオーディオは動く?

くわしく解説していきます。

ドアはスムーズに動く?

まず、車に乗るとき確認してほしいのがドアです。

ドアがスムーズに動くのか確認してください。

運転席だけでなく、助手席も確認してください。

うしろのドアがスライド式の場合は3回ほど開け閉めしてみるといいでしょう。

トランクの開け閉めはしやすいのかもこの時確認してください。

エンジンの調子は?

実際にエンジンをつけて音を聞きましょう。

アイドリングの音が不安定だったり、振動があまりにも大きい場合は担当の方に伝えましょう。

エンジンをつけたまま一度降りて、外から音を聞いてみると意外と異音を感じやすいです。

試乗できなかった場合でも、エンジンをつけて音を聞くくらいはできるので頼んでみてください。

エンジンは特に大切な場所なので、注意深くチェックしてください。

車内のにおいや汚れは?

運転席に座った時、車内のにおいはないか確認しましょう。

以前乗っていた方がたばこを吸っていた場合、どうしてもたばこのにおいがしてしまいます。

動物のにおいがする場合もあるので、購入前に確認しておきましょう。

また、同時に天井や壁の汚れもチェックしてください。

この二つは担当の方に伝えてクリーニングしてもらうことができます。

エアコンやオーディオは動く?

エアコンやオーディオ、ナビなどの電装品もしっかり動くのか確認しておきましょう。

オーディオであれば、

  • 音はしっかり出るのか
  • 音量は調節できるか
  • CDの出入りがスムーズか

など、一通りの動作を確認してください。

エアコンも同様です。

納車後に、

「クーラーが効かない」

「風が出ない」

というトラブルがないようにチェックしておきましょう。

電装品は一通り、しっかり動くかご確認ください。

まとめ

今回は中古車を買う際に気を付けるべきポイントを紹介しました。

ポイントを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 買いたい車の相場を調べておく
  • メンテナンスはされているか確認する
  • 走行距離と年式のバランスを確認する
  • 事故車や水没車は買わないほうがいい
  • 保証内容の説明を聞いておく

他にも気を付けてほしいことはありますが、とりあえずこの5つのポイントだけはしっかり確認したほうがいいです。

これから中古車を購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.