今さら聞けない!軽自動車と普通車の違うとは?おすすめはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、街でよく軽自動車を見かける、と思ったことがないでしょうか?

それもそのはず。ダイハツ工業の三井社長によると国内の新車販売台数の4割が軽自動車になっています。

人気が上がってきているともいっていい軽自動車、いったい普通車とはどんな違いがあるのでしょうか?

今まで普通車しか乗ったことのない方からすると、軽自動車の性能やスピード、安定感、そして維持費の違いなども気になります。

今回は軽自動車と普通車のコストの違いや性能の違いについて解説していきます。

自分のライフスタイルに合った車を選び、快適なカーライフを過ごしましょう。

そもそも軽自動車と普通車とは?

軽自動車と普通車の違い

まずは軽自動車と普通車の定義について解説していきます。

軽自動車とは

軽自動車は以下の条件をクリアしている車両のことを言います。

  • 全長:3.4m
  • 全幅:1.48m
  • 全高:2.0m
  • 排気量:660cc以下
  • 乗車定員:4人以下

軽自動車の条件は日本独自のもので、戦後まもない頃に決められたそうです。

軽自動車のナンバープレートは黄色となっています。

車両がコンパクトなので小回りがききやすく、非常に運転しやすいです。

免許取りたての方や運転に自信がない方におすすめです。

さらに、車両のデザインや内装が可愛いものがとても多いです。

車内の機能も女性目線で作られているものが多く、ターゲットを女性に絞っていることがうかがえます。

普通車にはないカラーやデザインも多くあります。

普通車とは

普通車は以下の条件をクリアしている車両のことを言います。

  • 全長:12.0以下
  • 全幅:2.50m以下
  • 全高:3.8m以下
  • 排気量:2000cc
  • 乗車定員:5~10人以下

普通車のナンバープレートは白色です。

車内が広く作られている普通車であれば、軽自動車よりたくさんの人数をのせたり、荷物をのせることができます。

安定感もあるため長時間の運転でも疲れにくく、高速道路によくのる方や長旅が好きな方におすすめです。

軽自動車より一回り大きく作られている普通車のことをコンパクトカーといいます。

コンパクトカーであれば、軽自動車とほぼ変わらない大きさなので小回りもききます。

車体が頑丈なので安全性が気になる方でも安心です。

おしゃれでスタイリッシュなデザインが多く、可愛さより大人かっこいいという印象が強いです。

軽自動車と普通車の違いは?

人に聞けない自動車知識

軽自動車と普通車の違いを具体的に解説していきます。

違いとして考えられるのは、

  1. 維持費は軽自動車の方が安い
  2. 購入価格はほとんど変わらない
  3. 安全性は普通車の方が高い
  4. 車内の広さは普通車の方が広い
  5. 走行性能はどちらも変わらない

さっそく詳しく見ていきましょう。

維持費は軽自動車の方が安い!

軽自動車と比べると、やはり普通車の方が維持費が高くなります。

軽自動車 普通車
排気量 660cc以下 2000cc(車によって異なる)
自動車税 7200円 29500円(総排気量による)
自動車重量税 3800円 12300円(新車の場合)
自動車取得税 取得価額の3% 取得価額の5%
車庫証明 都市部など一部地域以外は不要 必要

比較してみると、軽自動車がいかに税金面で優遇されているのかがわかります。

維持費を少なくしたい方には、軽自動車がおすすめです。

購入価格はほとんど変わらない!

最近では、軽自動車の中でも普通車と変わらない金額のものが販売されています。

なので、車両そのものの価格自体はそこまで大きな違いはないかと思います。

新車か中古車、どちらを選ぶかによっても金額は大きく変動します。

新車の軽自動車の購入価格と、中古車の普通車の購入価格があまり変わらないという場合もありますよ。

車種によっては断然軽自動車のほうが安い!というものも多いです。

一概には言えませんが、最近 軽自動車の金額も上がってきているので、結論としてはあまり変わらないでしょう。

安全性は普通車の方が高い!

車を運転する上で気になるのが、安全性です。

万が一、事故にあってしまった時のことを考えるとどちらが比較的安全なのでしょうか?

調べてみたところ、車種によって安全性が変わってくるそうです。

衝突時の乗員や歩行者の保護性能を点数化した新安全性能総合評価の点数を見てみると、一位が普通車のホンダ ヴェゼル・ハイブリッドでした。

そして二位が軽自動車のホンダ N-WGNでした。

この評価を見る限りでは、普通車も軽自動車も安全性はさほど変わらないように感じます。

しかし、これはあくまでも実験の話であって、最新の車種を含めています。

実際に最新車種に乗っていなくて事故に会った時のことを考えると、一般的にはやはり頑丈に作られている普通車の方が安全です。

安全性を重視して購入するのであれば普通車がおすすめです。

維持費などを考えてどうしても軽自動車がいい、というのであれば最新車種の購入をおすすめします。

車内の広さは普通車の方が広い!

最近では、「普通車のような軽自動車」というコンセプトを掲げ、車内を広く作られている軽自動車も多いです。

ダイハツ ウェイクなどがそうですね。

高さが高めに作られているので、広く感じます。

しかし、どれだけ広く作ったとしても広くできる横幅には限界があります。

後部座席には2人しか乗れませんし、圧迫感もあります。

絶対的な広さを持っている普通車には、やはり広さの面では勝てません。

家族が多い方やゆったり座席に座りたい、という方は普通車がおすすめです。

走行性能はどちらも変わらない!

軽自動車と聞くと、「スピードが遅い」「加速しない」「高速道路が不安」というイメージがあります。

しかし最近は技術も上がってきており、走行性能は軽自動車も普通車もさほど変わらないんです。

一般道路を走っているときはもちろん、高速道路を走るときでさえも違いを感じないほどです。

ただ、車両の高い軽自動車の場合は高速道路での横風に耐えられないという場合もあります。

横風などの条件をプラスすると、はやり普通車には劣ってしまうかもしれません。

ですが性能だけで言うと、あまり変わらないという結果でした。

軽自動車と普通車、おすすめはどっち?

 

人には聞けない自動車の基礎知識

軽自動車と普通車、どちらを選べばいいかわからないという方も多いです。

一概に、おすすめはこっちの車!とは言えませんが、基本的には自分のライフスタイルに合わせて購入することをおすすめします。

例えば、独身で車に乗るのは仕事に通う程度であれば軽自動車がおすすめです。

結婚して子供が生まれ、遠出したり旅行に行くことも増えてきたのであれば普通車がおすすめです。

自分のライフスタイルに合った車に乗ることで、快適に日常生活を送れることでしょう。

軽自動車と普通車、どちらにもメリットとデメリットがあります。

どちらを選択すればいいのか迷った場合は、今回紹介した、軽自動車と普通車の違いと自分のライフスタイルを照らし合わせて車を選んでみてください。

こちらの関連記事もおすすめです⇒ガリバーは最悪?中古車販売の口コミは本当なのか調べてみた

まとめ

普通車と軽自動車の違い

軽自動車と普通車の違いについて解説しました。

まとめると、

  1. 維持費は軽自動車の方が安い
  2. 購入価格はほとんど変わらない
  3. 安全性は普通車の方が高い
  4. 車内の広さは普通車の方が広い
  5. 走行性能はどちらも変わらない

ということがわかりました。

今までは、「軽自動車は維持費が圧倒的に安いけど、機能や性能面で普通車に劣る」という印象が強かったですが、こうしてみるとどちらの車もあまり変わらなくなってきています。

軽自動車と普通車、どちらを選べばいいのか迷ったら自分のライフスタイルと、今回紹介した違いを照らし合わせて見てくださいね。

こちらの関連記事もおすすめです⇒購入トラブルは少ない?ガリバーの中古車販売を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加