車の買取業者をどう決めるべき?選び方を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を買うときも売るときも業者選びはとても大切です。

今回は車の買い取り業者の選び方を紹介していきます。

悪徳業者に引っかからないためにも、買取業者の正しい選び方を知っておくことはとても大切です。

車の買取業者を決めるために実際にお店に行った方が注目しているのが、「買取金額」と「スタッフの対応」です。

もちろんこの二つもとても大切なポイントなのですが、他にも気を付けてほしいこともあります。

今回は車の買取業者を選ぶときの4つのポイントと悪徳業者を見分けるコツを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

車の買取業者を選ぶ3つのポイント

車の買取業者の選び方を解説します

車の買取業者を選ぶ時のポイントを3つに絞りました。

  1. 専門性と対応力を見る
  2. 査定時間を図っておく
  3. 買取額を比較する

選ぶときはこのを知っておけば難しいものではありません。トラブル回避のためにも覚えておいてくださいね。

 

専門性と対応力を見る

車の買取業者を選ぶときのポイントは、そのお店の専門性とスタッフの対応性を見ておくことです

全国にはたくさんの買取業者がありますが、買取業者によって軽自動車の買取が得意な場合や高級車の買取が得意な場合があります。

この違いだけでもかなり買取金額が変わってきます。

やはり、扱いや買取が得意な車であれば買取金額も上がりますし、不得意な車であれば買取金額も下がります。

まず、買取業者について調べてみて、

「どういった車であれば高額で買い取っているのか」

をしっかりチェックしていきましょう。

大手の買取業者であれば口コミや比較などもネット上に多く存在しています。

それらを見てある程度買取業者を絞っていくと良いでしょう。

ある程度買取業者を絞ることが出来たら実際にお店に出向いたり、出張査定などを申し込んでスタッフの対応力もチェックしていきます。

車の査定は、実際に車を見ながら車のオーナーと会話をして金額を決めていくことが多いです。

この時、車の状態で「ここがダメ」「ここがいい」という説明を行ってくれます。

この説明をわかりやすく、そしてかなり詳しくしてくれる買取業者はかなり良いお店です。

詳しく説明ができるということは、車に対して知識を豊富に持っていることは明らかですし、売ろうとしている車を細かい部分までしっかり見ています。

そういった買取業者であれば、雑に扱ったりトラブルになったりせずに取引が行えることが多いです。

もちろん、査定時のスタッフの態度もチェックしておいてくださいね。

しっかり敬語を使っているのか、横暴な態度ではないか、など一般的に見て明らかにおかしい態度をしていないか見ておきましょう。

査定時のスタッフの対応をしっかり確認することが大切です。

 

査定時間について

車の査定にかかる時間の目安としては10分、長い場合は30分程度はかかります

車を査定するときは、車の外装だけでなくエンジンや車内、タイヤ、トランクなど細かい部分までしっかり確認する必要があります。

これらの確認には最低でも10分はかかります。

そのため、査定時間が10分未満の買取業者の場合は避けたほうがいいです。

査定時間が長いということは、車をしっかり確認してくれているということです。

車の買取をしっかり行う意思があり、信頼できるお店といえます。

せっかく車を売るのですから信頼できるお店に売りたいですよね。

査定時間やスタッフの対応などは査定をしてもらっているときだけしか確認できませんので、よく観察しましょう。

信用できないと思ったら、別の買取業者を探すことも視野に入れたほうがいいでしょう。

 

買取額を比較する

基本的に車の買取の査定見積もりは3社以上に出してもらうことをおすすめします。

金額を比べる目的があるのはもちろんですが、スタッフの対応や査定時間などの比較対象にもなります。

そして買取業者が違えば、もちろん買取価格も変わってきます。

一番初めに説明したように、専門分野でない車の場合は金額が下がりますし、逆に専門分野の車であれば金額は上がります。

どの買取業者も金額に差はないと思ってしまいがちですが、実際は意外と差があるのが現状です。

というのも、車の買取価格は基本的にその車の相場価格を基準にして決めています。

その買取金額から、買取後の販売ルートや扱いの差によって金額が変わってきます。

数万円から数十万円の差が出る場合もあるそうです

さらに高級車になってくると、この金額の差はかなり大きくなるようです。

気付かないうちに数十万円損をしてしまっている可能性もあるということです。

3社以上から見積もりを出してもらい、その見積もりが集まるまでは買取業者を決めないでおきましょう。

見積もりが届いたら買取金額や内訳を比較し、できるだけ高額な金額で販売できるようにしてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

ガリバーは最悪?中古車販売の口コミは本当なのか調べてみた

悪徳業者に引っかからないために

悪徳業者に引っかからないためにどうすればいい?

車の買取業者の中には、査定に来たお客さんに無理矢理契約させて安い価格で車を買い取ったりする場合もあります。

そういった買取業者のことを悪徳業者といいます。

最近ではこういった悪徳業者もかなり減っていますが、それでも存在しているのが現実です。

後悔なく、スムーズに車の買取を行うためにも怪しいお店の見分け方を知っておきましょう

 

怪しいお店を見分けるポイント

  • 査定時間が短すぎる
  • 何も言っていないのに契約書を持ってくる
  • 税金や保険料などの話題は一切行わない
  • 名刺をくれない
  • 査定額がかなり高額に設定されている
  • スタッフの話がコロコロ変わる

これらのポイントについてさらに詳しく説明していきます。

 

買取業者は営業の分類に入るので、名刺は必ず初めに渡してくれます。

その名刺を渡さないというのはちょっと怪しいです。

査定時間が短いというのも信用できないポイントになります。

査定額についてですが、初めに提示される金額はかなり高額に設定されていることが多いです。

しかし、いざ支払ってもらう時になると「車が故障していた」などの理由を伝えられて減額される場合が多いです

契約書にサインしていればその金額が必ずもらえるというわけではありません。契約書内に

「車に故障などのトラブルがあった場合は減額する」

と記載されていることが多いです。

査定している時、見逃してしまっているという可能性もありますが査定時間が明らかに短い買取業者であれば、店側は契約書内の記載をうまく利用している可能性があります。

3社以上見積もりを出してもらえば大体自分の車の相場価格がわかりますのであまりにもとびぬけて査定額が高い場合は気を付けましょう。

また、スタッフと話をしていて保険料の話や税金の話、また車の買取額の話をしているのにうまく話を変えられてしまう場合は要注意です。

車に関する知識がない、説明したくない事柄であることがほとんどなので怪しいと思ってもいいでしょう。

もし、実際に査定してもらって「かなり怪しい」「信用できない」と感じた場合は契約書にサインをせずにお店を変えるようにしましょう

自分にとってプラスになる買取業者を選べるよう、しっかり覚えておいてくださいね。

まとめ

今回は車の買取業者の選び方を説明しました。

紹介したポイントを押さえておけば、車の買取も難しくはありません。

スタッフの対応や査定額を基準にして、細かい部分にまでしっかり自分の目でみて信用できるお店を見つけてください。

実際に自分の目で確認したり、ネット上の口コミや評価などを見て優良企業を見極めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.