車を売るには何がいる?査定に必要な書類と手続きを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車売る手続きには何が必要

車の売却は、軽自動車と普通車で準備する書類が違ってきます。

今回は絶対に必要な書類、なくてもいい書類を軽自動車と普通車に分けて紹介していきます。

また、万が一書類を紛失してしまったときのために、再発行方法も解説します。

手続きの流れも説明しますので、売却前に見ておくと取り引きがスムーズになるでしょう。

なかには、取得するまでに時間のかかる書類もありますので、売却前に事前準備を行ってください。

大切な車ですので、トラブルなくスムーズに売却できるよう、勉強しておきましょう!

車を売るために必要な書類一覧!

車を売るときに必要なものとは

車の買取、下取りを行う時に必要な書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し※住所が変更になっている場合
  • 委任状・譲渡証明書※売却先、下取り先からもらえます
  • 自動車リサイクル券の預託証明書

主に、これらの書類が必要となります。

そして軽自動車と普通車では、準備する書類が異なります。

わかりやすく表にしました。

軽自動車 普通車
自動車検査証(車検証) 自動車検査証(車検証)
自賠責保険証 自賠責保険証
自動車税納税証明書 軽自動車納税証明書
実印 自動車リサイクル券の預託証明書
印鑑登録証明書 印鑑(認印)
自動車リサイクル券の預託証明書 振込口座情報
振込口座情報

住民票については、住所変更を一度でも行っている際に必要となります。

軽自動車の場合は必要ありません

住所変更を一度行った場合は住民票、複数回行った場合は戸籍の附票または住民票の除票、名字が変わった場合は戸籍謄本が必要です。

では、それぞれどういった書類なのか解説していきます。

自動車検査証(車検証)とは

自動車検査証とは、常に車に乗せておかなくてはいけない書類のことです。

これは義務つけられているので、紛失してしまうことはほとんどないかと思います。

万が一紛失してしまった場合は、運輸支局で再発行の手続きを行いましょう。

自賠責保険証とは

車検ごとに行う、強制的に加入しなくてはいけない保険のことです。

自賠責保険証の期間が切れていたり、無くしてしまっていると車を売却することができないので注意しておいてください。

紛失してしまった場合は、保険会社に連絡して再発行してもらいましょう。

自動車税納税証明書(軽自動車納税証明書)とは

毎年5月末までに納めなくてはいけな自動車税の証明書です。

こちらの書類は車検を行う際に必要なので、売却時にも渡す必要があります。

万が一紛失してしまった場合は各市町村の税事務所、軽自動車であれば市役所で再発行してもらえます。

印鑑登録証明書とは

印鑑登録証明書とは、その印鑑が実印として市役所に登録されていることの証明になります。

こちらは3か月以内に発行されたものでなければ使用できませんので、売却前に市役所で発行してもらいましょう。

実印と認印とは

実印とは、市役所に登録している判子のことです。

「本人が押しました」という証明になります。

認印とは、その内容に目を通したことを証明するための判子です。

実印は偽造が難しい手掘りの判子を使用しますが、認印は大量生産で作られる判子です。

同じ判子ですが、判子を押すという意味の重さが違ってきます。

なぜ軽自動車には認印だけでいいのかというと、普通車は「資産」として認められますが軽自動車は「資産」として認められないからです。

高額なことに変わりはありませんが、このように法的に定められているため、軽自動車に実印は必要ありません。

自動車リサイクル券の預託証明書とは

自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。

紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムホームページの「自動車リサイクル料金の預託状況」という場所をコピーすることで代用可能です。

これらの中で、特になくてもいい書類は、「自動車リサイクル券の預託証明書」と「振込口座情報」となります。

リサイクル券については、業者が調べてくれる場合がほとんどですし、振込口座情報も契約日にわかれば問題ありません。

軽自動車と普通車では、準備する書類が違うので準備前にチェックしておくといいでしょう。

車を売るときの手続きの流れは?

車売却時に必要なもの

車を売るときの手続きの流れについて解説してきます。

大まかな流れは以下の通りです。

  1. 売却方法を決める
  2. 買取業者を決める
  3. 売却のための書類を集める
  4. 車両を引き渡す
  5. 入金の確認をする

では、くわしく解説していきます。

①売却方法を決める

車の売却方法には以下の方法があります。

  • 中古車販売店
  • ディーラー
  • インターネットを活用した個人売買

インターネットを活用した個人売買では、車を高く売ることができます。

しかし、料金未払いや車両トラブルなどさまざまなリスクが考えられます。

車に詳しくない方や初めて売却する方にはおすすめできません。

基本的には中古車販売店やディーラーで車を売却することをおすすめします。

②買取業者を決める

買取業者を決めるためには、一度に複数の買取販売店に依頼することができる「一括査定」というサービスを使用します。

車の見積もりは3社以上から出してもらい、納得のいく金額の買取業者に売ります。

もちろん、実際に店舗へ出向き、見積もりを出してもらうのもいいですが、時間がかかってしまいます。

こういった一括査定できるサービスを活用して、買取業者を絞っていくほうが効率がいいかと思います。

そこから、買取価格が高い業者順に実際に店舗へ行き、スタッフの対応や店内などを見て信頼できる買取業者なのかを見極めます。

自分が信頼できる買取業者で売却するということを忘れないでくださいね。

こちらの関連記事もおすすめです⇒【評判あり】ガリバーで中古車を購入するメリット・デメリット

③売却のための書類を集める

買取業者が決まったら、売却のために必要な書類を集めていきます。

必要な書類は上記を参考にしてください。

また、純正品やパーツを準備してくと査定額が上がる可能性もあります。

見積もり時に伝えるか、契約前に純正品があることを伝え、引き渡しの準備しておきましょう。

④車両を引き渡す

契約が完了したら車両を引き渡します。

引き渡しを行う際は、車両に私物が残っていないか確認します。

今までありがとう、という気持ちを込めて掃除をすると良いです。

⑤入金の確認をする

車両の買取金額は、1週間程度を目途に振り込まれます。

業者の中には、予め相談しておくことで引き渡し日に振り込みを行ってくれる場合もありますので、すぐに必要な場合は相談しておいてください。

査定時に入金は大体いつになるのかも聞いておくと安心です。

振り込みがなかった場合は、買取業者に連絡を行います。

ほとんどが、入金手続きのミスなので大きな問題にはなりません。

しかし、中には「すでに振り込んだ」「減額させてほしい」などと言ってくる業者もあるようです。

そういった場合は自分で解決しようとするのではなく、国民生活センターやJPUC車売却消費者相談室などに相談するほうがスムーズに解決します。

まとめ

車を売る時気を付けること

車を売る時の書類や手続きの流れを紹介しました。

普通車になると、軽自動車より必要な書類が多くなります。

書類の種類を間違えないように、事前に確認しながら準備していきましょう。

手続きの流れは基本、どの車でも同じです。

個人的には買取業者を決めるのが一番大変かな、と思います。

今まで大切に乗ってきた車ですので、売却時の手続きもスムーズに行えるように事前準備をしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加